Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡中央銀行、6支店で顧客情報記載の内部書類を紛失

福岡中央銀行は、6支店において、2985名分の顧客情報が記載された内部資料の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、所在が不明となっているのは税金などの納付事務に用いられる銀行の控え書類。6支店で合わせて2985名分の顧客情報が記載されており、氏名、住所、納付金額などが含まれていた。一定期間行内で保存されるべきものだが、全店で保存状況を確認した結果、一部紛失が判明した。

その後の調査により、保存期間を誤って記入したなどの理由により、行内で廃棄した可能性が高いことがわかったという。また、紛失による納付手続きへの支障はない。

同行では、顧客情報の管理を強化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追