Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理画面を備えた「e Trustインターネットセキュリティスイート2006 統合版」

コンピュータ・アソシエイツは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「e Trustインターネットセキュリティスイート2006 統合版」を発表した。ダウンロード版は1月20日、パッケージ版は2月3日より発売する予定で、パッケージ版には特別優待版も用意される。

同製品は、「e Trustインターネットセキュリティスイート2006」の後継製品で、ウイルスやスパイウェア、スパムメール対策、ファイアウォール、個人情報保護機能などを備えたセキュリティスイート。

統合版となり、「e Trust インターネット セキュリティ センター」と呼ばれる管理画面機能を装備したほか、フィッシング詐欺やスパムメール対策機能を強化。管理状況のレポートを作成する機能を搭載し、コンプライアンス対策をサポートする。

同社では、同製品の一部機能に特化した「e Trust イージー アンチウイルス 2006」および「e Trust アンチスパム2006」を同時に発売する予定。

(Security NEXT - 2006/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強