Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアプライアンスの新ブランド「GUARDIANBOX」を発売 - キヤノンSS

キヤノンシステムソリューションズは、スパムメール対策アプライアンス「GUARDIANBOX SpamFilter」およびURLフィルタリングを実現するアプライアンス製品「GUARDIANBOX URLFilter」の販売を2月より発売する。

「GUARDIANBOX SpamFilter」は、英SurfControlの「Anti-Spam Agent」を搭載しており、スパムメールの検知機能を搭載しており、独自ポリシーの作成などに対応したほか、DoS攻撃といった攻撃を防御する機能も備えている。

「GUARDIANBOX URLFilter」は、同社と米SonicWALLで共同開発したもので、日本語サイトのURL情報は同社が収集することで、約1000万件のデータベースが利用できる。また、アンチウイルス機能を搭載しており、許可されたサイトからの侵入も防御できるという。

いずれも、管理画面、マニュアルは、日本語化されている。今後は「ウェブおよびメールのアクセス監視」を行うアプライアンスについても発売を予定している。

(Security NEXT - 2006/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
「Microsoft Edge」に脆弱性、アップデートがリリース
「Citrix Hypervisor」に5件の脆弱性 - ゲストVMよりホストが侵害されるおそれ
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起