Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアプライアンスの新ブランド「GUARDIANBOX」を発売 - キヤノンSS

キヤノンシステムソリューションズは、スパムメール対策アプライアンス「GUARDIANBOX SpamFilter」およびURLフィルタリングを実現するアプライアンス製品「GUARDIANBOX URLFilter」の販売を2月より発売する。

「GUARDIANBOX SpamFilter」は、英SurfControlの「Anti-Spam Agent」を搭載しており、スパムメールの検知機能を搭載しており、独自ポリシーの作成などに対応したほか、DoS攻撃といった攻撃を防御する機能も備えている。

「GUARDIANBOX URLFilter」は、同社と米SonicWALLで共同開発したもので、日本語サイトのURL情報は同社が収集することで、約1000万件のデータベースが利用できる。また、アンチウイルス機能を搭載しており、許可されたサイトからの侵入も防御できるという。

いずれも、管理画面、マニュアルは、日本語化されている。今後は「ウェブおよびメールのアクセス監視」を行うアプライアンスについても発売を予定している。

(Security NEXT - 2006/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市