Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーごとに脆弱性情報を提供する「Symantec DeepSight Threat Management System 7.0」

シマンテックは、ネット上の脆弱性情報などをユーザーに応じて提供する「Symantec DeepSight Threat Management System 7.0」を1月末より提供開始する。

最新版となる同7.0では、従来から提供されている脆弱性データベースやスパム、フィッシングに関する情報提供にくわえ、特定ドメインを狙う攻撃を早期に検知して警告する機能を追加した。

同社では、金銭目的で特定の企業を狙った攻撃が増加する傾向にあるとし、同ソリューションが、セキュリティポリシーの策定などに役立つとしている。

(Security NEXT - 2006/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開