Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

首都高の一部でETCに障害

首都高速神奈川線における29の料金所や舞浜料金所において、1月12日の8時15分から16時5分まで障害のためETCによる通行ができない状態になった。

首都高速道路によれば、障害の原因はプログラムの不具合だったという。同社では、障害の影響により現金を支払った利用者に対しては時間帯の割引などを反映した上で差額を返却するほか、料金を支払っていない利用者に対しても精算するとしている。

首都高速道路
http://www.shutoko.jp/

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意