Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、ASP型セキュリティソリューションの一部に不具合

マカフィーは、ASPタイプのセキュリティ対策ソリューション「Managed VirusScan plus AntiSpyware 3.5」 において、アップグレードした際、一部環境で不具合が発生したと発表した。

バージョン3.5.0.428を適用したユーザーの一部において、CPUを100%占有する現象が発生したという。原因は、アップグレード最中の不具合で、アップグレードにより置換される新しいファイルがインストールできない現象が発生したにもかかわらず、レジストリキーがバージョン3.5の内容になり、古いファイルと新しいレジストリ値の間で不整合が発生したという。

同社では、1月10日に修正を加えたモジュールを公開した。また、不具合が発生した場合の修復方法およびアップグレードなど同社サイト上で公開している。

Managed Virus Scan plus AntiSpyware 3.5 のアップグレード後の不具合について
http://www.mcafee.com/japan/announcement/060111_mvs35.asp

マカフィー
http://www.mcafee.com/japan/

(Security NEXT - 2006/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス