Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コイデカメラ、メール誤送信で顧客1万6280名のアドレスを流出

コイデカメラは、12月23日に、顧客宛ての案内メールの本文に送信予定の顧客1万6280名のアドレスを誤って記載した状態で、1365名に送信したと発表した。

同社によれば、誤送信したのは「写真年賀状のご案内」メール。本文に、送信予定の顧客1万6280名のメールアドレスを誤って記載したまま、1365名に送信したという。送信直後に気付いたものの、取り消し作業は間に合わず、ほとんどの顧客に届いたという。

同社では、送信先の顧客に削除を依頼するメールを送った。また、流出の対象となった顧客に対しては、年明けに謝罪などの対応をするとしている。同社では、メール送信前の内容確認やテスト送信などを徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意