Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしで個人情報が記載された書類を紛失 - 富山県信組

富山県信用組合は、同組合内部資料が漏洩したと発表した。顧客情報など個人情報が含まれていたという。

同組合によれば、10月27日に組合支店長が、病院へ見舞いへ訪れた際、資料が入った鞄を駐車した車内へ置いたままにしていたところ、鞄ごと盗まれたという。紛失した書類は集金に用いられる受領証で、集金情報17件が記載されていた。

警察へ被害を届け、現在捜査中だという。同組合では、11月4日までに関連する顧客へ連絡し、謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム