Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都銀行、投資信託取引の明細票を紛失

京都銀行は、嵯峨支店において145名分の顧客情報が記載された帳票24枚を紛失した。

紛失したのは投資信託の取引情報を記載した7日間分の帳票で、顧客145名の氏名、投資信託口座番号、取引数量、金額などが記載されていた。同行によれば、10月17日に定例の点検作業を行った際、紛失が判明したという。その後捜索するとともに紛失届を提出したが、10月27日時点では発見されていない。

内部調査の結果、行内で誤って破棄した可能性が高いとしている。同行では該当する顧客を個別に訪問し、事実説明を行った。また、顧客情報の管理をさらに強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響