Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所荒らし被害により領収書を流出 - 三交不動産

三交不動産は、事務所荒らしにより、領収書などが盗まれ、個人情報が流出したと発表した。

同社によれば、10月2日未明に同社事務所が事務所荒らしの被害に遭い、書庫などの鍵が破壊され、印紙や顧客の氏名や販売額など個人情報が記載された領収書など盗まれていたという。

同社では、セキュリティシステムを導入しており、事件時にシステムが作動し、警備会社が駆けつけたが、犯人は逃げたあとだった。同社では被害届を提出、警察が捜査を続けているが、犯人は捕まっていない。

同社では、不審な電話や文書に気をつけるようアナウンスするとともに、再発防止のため、保管方法の再検討を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み