Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムメールをサーバの手前で自動ブロック - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、スパムメールがサーバに到達する前にブロックするサービス「Trend Micro Network Reputation Services」を10月31日より企業やISP向けに提供開始する。

同サービスは、企業やISP向けのスパムメール遮断サービス。メールがサーバに到達する前に、送信元のIPアドレスの信頼性を判断し、スパムメールと認識されたものを自動的にブロックする。スパムメールか適正なメールかの判断は、同社が独自で収集した約16億のスパムメール発信元のIPアドレスが保管されている、評価データベースをもとに行われる。

同サービスでは、2つのメニューが用意されている。スパムメールをブロックする「Trend Micro RBL+ Service」と、同機能にくわえて、5分ごとに再構築されるデータベースを利用し、ゾンビパソコンやBOTなど動的に変化するIPアドレスにも対応できる「Trend Micro Network Anti-Spam Service」があり、ニーズに合わせて選択できる。

(Security NEXT - 2005/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者