Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェアやフィッシング対策を強化「マカフィー2006」

マカフィーは、コンシューマ向けウイルス対策製品の最新版「マカフィー2006」を9月20日より順次、発売する。

同製品では、2005年度版と比較し、スパイウェアやフィッシング対策、ウイルス定義ファイルの更新頻度向上など、機能が強化された。

個人向け全自動型ウイルス対策の「マカフィー・ウイルススキャン2006」、個人向けファイアウォール「マカフィー・パーソナルファイアウォールプラス2006」、迷惑メール対策ソフト「マカフィー・スパムキラー2006」、個人情報漏洩対策、有害サイトのアクセスを制限する「マカフィー・プライバシーサービス2006」と、これらを統合した「マカフィー・インターネットセキュリティスイート2006」の5製品を用意。同社では、店頭向けパッケージ版をはじめ、オンライン版など順次市場へ投入する。

さらに同社では、年内に「マカフィー・アンチスパイウェア2006」を発売する予定。

(Security NEXT - 2005/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店