Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、データベースの脆弱性を診断するサービスを提供

ラックは、データベースシステムのセキュリティ対策状況を診断するとともに、問題があった場合の対策を提案する「データベースセキュリティ対策診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、データベースシステムを不正な操作から守るため、専門家がセキュリティ対策状況を診断し、対策を提案するもの。問診票によるヒアリング、およびデータベースシステムの設定の調査を行って現状を把握した後、顧客のセキュリティポリシーに即した改善計画書を作成する。

価格は、すべての診断内容および工程を実施するもので400万円から。データベースそのものに焦点を絞った簡易診断は200万円から。ツールによる簡易調査を行うスピード診断は80万円からとなっている。なお、同サービスは日本オラクル製のデータベースを対象としているが、今後はサービス対象を拡大する予定。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処