Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実践レベルのセキュリティ体制は不十分 - IDG調査

IDGジャパンは、個人情報保護対策に関する調査を実施し、結果を公表した。

同調査は、同社が主催するイベントの来場者や事前登録者を対象に調査を実施したもの。第1弾となる今回は、3月に開催した「個人情報保護法 最終対策フォーラム」の来場者に対し、2005年6月後半から7月にかけて実施した。調査対象は個人情報対策ソリューションの導入決定権を持った役員などで、有効回答数は94人。

調査の結果によれば、情報セキュリティへの投資については、個人情報保護法の施行やセキュリティ関連の事故が頻発していることから、今後も増大するとの回答は67%にのぼった。また、社内の情報セキュリティ体制については、経営者に理解が得られるようになってきているものの、実践レベルでの体制が不十分との回答が目立ったという。

重要視するセキュリティ対策としては、70.2%が従業員教育といった人的対策で、今後進めたい対策は、認証やアクセス管理、PC対策の充実などが多かった。

(Security NEXT - 2005/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処