Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドットコモディティ、メールシステムの不具合により13件の顧客情報を流出

オンライン商品先物取引会社のドットコモディティは、メールソフトの誤操作により、13件の顧客情報を添付したメールを送信したと発表した。

同社によれば、8月16日の取引終了後、顧客へメールを配信している際、顧客より「他人の書類が添付されて送られてきている」と連絡を受けた。ただちにメール配信を停止して調査を重ねた結果、8月25日に13件の情報流出を確認した。流出した情報は、顧客の住所、氏名、および8月16日時点の取引状況と預り証拠金残高など。

流出の原因として同社では、メール配信ソフトの操作に複数の担当責任者が関わり、その結果送信システムが二重に起動するという不具合が発生したためだとしている。今後はメールソフトの操作方法を改善するとともに、個人情報が含まれる各種案内はメールではなく、顧客自らが個別に確認できるよう、トレードツールのシステム変更を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令