Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドットコモディティ、メールシステムの不具合により13件の顧客情報を流出

オンライン商品先物取引会社のドットコモディティは、メールソフトの誤操作により、13件の顧客情報を添付したメールを送信したと発表した。

同社によれば、8月16日の取引終了後、顧客へメールを配信している際、顧客より「他人の書類が添付されて送られてきている」と連絡を受けた。ただちにメール配信を停止して調査を重ねた結果、8月25日に13件の情報流出を確認した。流出した情報は、顧客の住所、氏名、および8月16日時点の取引状況と預り証拠金残高など。

流出の原因として同社では、メール配信ソフトの操作に複数の担当責任者が関わり、その結果送信システムが二重に起動するという不具合が発生したためだとしている。今後はメールソフトの操作方法を改善するとともに、個人情報が含まれる各種案内はメールではなく、顧客自らが個別に確認できるよう、トレードツールのシステム変更を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開