Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NOD32アンチウイルス」の最新版ではスパイウェアに対応

キヤノンシステムソリューションズは、セキュリティソフト「NOD32アンチウイルス」の最新版「同V2.5」を9月16日に発売する。

同製品では、EsetのThreatSense機能を搭載しており、アドバンスドヒューリスティックテクノロジーにより悪意あるソフトウェアを分析、発見するため、従来の定義ファイルでは検索できないウイルスがソフトウェアを検出できるとしている。

最新版では、スパイウェア検出機能を搭載したほか、 早期警告システム「ThreatSense.NET」による、マルウェアの検出状況を世界規模で監視、ユーザーへ警告する。

(Security NEXT - 2005/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県