Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムウェア、指紋認証システムの最新版を発売

NTTコムウェアは、指紋管理サーバの冗長化対応や指紋照合率の向上を実現した、エンタープライズ指紋認証ソリューションの最新版「e-UBF Ver.2.0」を発売した。

同製品は、指紋センサーユニットと指紋管理サーバを組み合わせた指紋認証ソリューション。最新版では、指紋管理サーバ1台が故障により停止した場合でも、もう一方の管理サーバへ自動的に接続する冗長化対応が実現された。これにより、安定したシステム運用やサービスの提供が可能となった。

また、指を斜めになぞった場合でも読み取り結果を自動補正して認証するなど、指紋照合率が向上した。さらに管理権限委任機能により、部門ごとに配置した管理者が指紋データの登録や設定を行うことが可能になった。

(Security NEXT - 2005/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券