Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニック、誤送信によりメールアドレスを流出

インテリア用品販売のアニック アソシエイツは、8月12日にメールマガジンを配信する際、誤操作により、ほかの受信者のアドレスが閲覧できる状態で送信したと発表した。

同社によれば、誤送信以降、ウイルスメールや迷惑メールなどが多数届くようになったという問い合わせが、顧客から寄せられているという。また同社でも8月13日にウイルス感染したが、駆除を完了した。同社では、ウイルスの経路が特定できていないため、同メールマガジンとウイルスの関連は確認できないとしている。

同社では、該当する顧客に対し謝罪のメールを送るとともに、同メールマガジンを削除するよう要請した。また、関連性は確認できていないものの、万が一の場合を考えて、パソコンのウイルスチェックを行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令