Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年のネットワークセキュリティ市場は7390億円規模に - 富士キメラ総研調査

富士キメラ総研は、ネットワークセキュリティビジネスについて調査を実施し、結果を「2005ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」としてまとめ、概要を公開した。

同調査ではSI企業33社、ベンダー9社を対象に調査。調査結果によれば、2004年のネットワークセキュリティサービス市場は、約732億円。2010年には3765億円規模になるとし、2004年比514%と、大きな伸びを予測している、

成長の背景には、個人情報保護法や情報漏洩対策など、ISMSやプライバシーマーク認証取得支援の需要や、検査サービスなどについても市場拡大が進んでおり、2010年にはセキュリティ対策意識が普及し、コンサルティングサービスが安定した市場を形成するとしている。

ネットワークセキュリティ製品は、2004年は2024億円。今後も順調に成長し、2010年の市場規模を3625億円と予測している。ウイルス対策やファイアウォールといった従来のセキュリティ対策ツールも順調で、さらに、クライアントの監視などフォレンジック対策における需要が本格化していることを理由に挙げている。

(Security NEXT - 2005/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市