Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク経由で感染する新種ワーム - 早急に月例パッチ適用を

マイクロソフトやセキュリティベンダーは、Windows XPや2000を標的としたワーム「Zotob」が登場したとして注意を喚起している。

同ワームは、リモートでコードが実行されるなど、プラグアンドプレイの脆弱性を狙ったもので、マイクロソフトでは脆弱性を解消する8月の月例パッチ (MS05-039)をすでに公開している。

同ワームは、TCP 445番ポートを通じて攻撃するため、パッチの適用やファイアウォールによるブロックなど、適切に対応していないとインターネットへ接続しているだけで感染するおそれがある。ワームが侵入に成功すると、レジストリが改ざんされ、マイクロソフトやセキュリティベンダーへ接続できなくなるという。

トレンドマイクロでは、危険度を「中」、ダメージ度および感染力を「高」とした。シマンテックでは、被害状況は低いものの、リスクインパクト、および感染力を「中」としている。

(Security NEXT - 2005/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を