Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクアシステムズ、Oracleデータベース監査ツールの最新版を発売

アクアシステムズは、Oracleデータベースの監査を行うツール「Audit Master」のバージョン1.5を、2005年8月9日より発売する。

同製品は、Oracleデータベースに対する操作をログとして残し、不正な操作が行われていないか検知、追跡するもの。監査機能をリモートから操作することにより、複雑な監査設定や監査ログの管理を軽減し、脆弱性チェックや監査ログの分析、出力を行う。

ユーザーのセキュリティ要件に沿ってポリシーを設定できるほか、今回の新バージョンでは、一般使用者を対象とした標準監査と、データベース管理者を対象としたSYSDBA監査の設定を分離できるようになった。

(Security NEXT - 2005/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も