Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールに反応してしまったユーザーは12.7% - アイシェア調査

アイシェアは、同社が提供しているメール転送サービス「CLUB BBQ」の無償利用ユーザーを対象に、「国内の迷惑メール」に関する調査を実施し、その結果を発表した。

同調査は、2005年7月12日から13日までの24時間、メール告知と非公開型ネットアンケート方式で実施された。対象者は3000人で、男女比率は男性69.5%、女性30.5%となっている。

同調査によれば、受信している迷惑メールの数が「増えたと思う」と答えたのは42.6%で、「変わらないと体感する人」との回答も33.6%を占めた。対処法については、「件名で判断して捨てる」が58.3%で最も多かった。

一方、フィッシングメールや詐欺メールに返信したりURLをクリックした経験のある人は12.7%だった。その結果「アダルトページが表示」が36.1%、次いで「出会い系ページが表示」が26.9%だった。また、「架空請求」を行われたユーザーも24.1%と高い割合を示した。

(Security NEXT - 2005/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト