Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット証券でシステム障害 - IP電話を利用するコールセンターも停止

イー・トレード証券においてシステム障害が発生し、一時注文などが行えない状態となっていたことが明らかとなった。

同社によれば、同社が利用するデータセンターの無停電電源装置に不具合が生じ、7月14日15時30分から19時15分まで一部顧客において、外国為替保証金取引や外国株式取引、先物・オプション取引など、一部サービスが利用できない状態になった。

原因は、無停電電源装置の不具合によりサーバが無通電状態となりダウンしたためだという。1分ほどで通電状態へ回復したものの、サーバが異常終了したためにリスタートとなり、復旧に時間がかかった。

また、不具合が起きたサーバにおいて同社コールセンターが利用するIP電話を管理を行っていたため、コールセンターの機能も停止したという。コールセンターのIP化は14日に発表されたばかりだった。

同社では発生直後より復旧作業を開始し、ハードウェア障害の有無などを確認した上で19時30分に一部を除きサービスを再開。その後22時にすべてのサービスが復旧した。

イー・トレード証券
http://www.etrade.ne.jp/

(Security NEXT - 2005/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト