Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac-Win間でも利用可能な暗号化機能付きUSBメモリが登場

イーディーコントライブは、WindowsやMacなどプラットフォームを気にせずデータの交換が行える暗号化機能搭載USBメモリ「Safety DisclosureGK」を8月より発売する。価格は1万9800円を予定している。

同製品は、クイーリーが開発したデータセキュリティソフトウェア「Safety DataStorage」をベースにクロスプラットフォームを実現した暗号化セキュリティ機能を実現したUSBメモリ。メモリ内にWindowsとMacそれぞれの暗号化/復号化ソフトウェアを搭載している

USB固有キーを利用することでパスワード運用がいらないセキュアグルーピング機能も搭載した。

同社では、東京ビッグサイトにて開催されている「第2回情報セキュリティEXPO」に同製品を参考出展している。

(Security NEXT - 2005/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正