Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイク急便、個人情報専用のセキュリティ車両による配送サービスを開始

バイク急便は、個人情報や機密書類など企業の重要資材を運ぶ専用車両「セキュリティカーゴ」による配送サービスを、2005年7月1日より提供開始する。

同サービスは、個人情報や機密書類などを運ぶ専用車両「セキュリティカーゴ」を使用した配送サービス。同社では、今年1月よりバイクによる「セキュリティ便」にて機密資料の配送を手がけている。

今回導入されるセキュリティカーゴでは、車両本体にオートロック、後方監視カメラ、駐車時異常監視装置を備えるとともに、貨物室全体をセキュリティ収納室とし、ドライバーの指紋照合で開閉する指紋認証鍵と、顧客のみが開閉できる電子ロック付セキュリティケースによる二重の安全策を講じている。

また、同車両のドライバーには、セキュリティ専門教育を履修した専門ドライバーを配している。料金は1時間当たり7000円。荷物のサイズは、長さ1800ミリ、幅1350ミリ、高さ1200ミリ、重さ350キロまでとなっている。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開