Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都水道局、紛失したCD-ROMの所在を確認

東京都水道局は、17日に多摩ニュータウン水道事務所において、個人情報が保存されたCD-ROMを紛失したと公表したが、調査の結果CD-ROMを発見し、回収したと発表した。

調査の結果、同局の業務委託先に誤って返却していたことが判明し、個人情報の漏洩はなかったとしている。当初の調査段階においても、委託先は調査対象となっていたが、誤返却を行った日が調査の対象となっていなかったため、気が付かなかったのだという。

問題となったCD-ROMには、給水契約情報10万9520件が保存されており、氏名、住所、電話番号、水道料金、および請求状況などの個人情報が含まれていた。

(Security NEXT - 2005/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力
総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市