Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱地所、業務委託会社の誤配信により19名のアドレスを流出

三菱地所は、6月2日にサイト業務運営委託会社であるスコールからニュースを会員へメールを送信した際、誤配信により、19名のメールアドレスを流出したと発表した。

同発表によれば、販売中の分譲マンション「パークハウス覚王山向陽荘」のウェブ会員に対しメールを送信した際、配信設定のミスにより、会員19名のメールアドレスを添付した状態で送信してしまったという。

事実発覚後、ただちに誤配信先全員に謝罪のメールを送り、該当メールの削除を依頼した。なお、メールアドレス以外の個人情報は記載されていなかった。

(Security NEXT - 2005/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協