Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JT、74件の個人情報が記載された書類が車上荒らし被害に

日本たばこ産業は、5月10日に長野県南安曇郡豊科町内において、営業中の社員が車上荒らしの被害に遭い、74件分のたばこ販売店に関する情報が記載された書類を紛失したと発表した。

同社によれば、社員がたばこの自動販売機の操作を行っている間に、助手席の足元に置いてあった鞄が盗まれた。車は目の届く範囲に駐車してあったことから、施錠していなかったという。

紛失したのは、74件分のたばこ販売店に関する個人情報が記載された名簿のコピーや、たばこ携行販売代金引落し用の郵便貯金通帳などで、販売店の名前や住所、電話番号などが含まれていた。通帳は後日発見されている。

同社では、該当するたばこ販売店に事情説明と謝罪を行うとともに、再発防止に向け、営業車を離れる際の施錠の徹底など、個人情報管理の強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応