Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

百十四銀、口座番号などが記載された書類を誤送付

百十四銀行は、香川県内の同行支店で個人情報が記録された書類を誤送付の事故が発生したと発表した。

同行によれば、同行の取引先の学校を誤り、異なる学校の書類を送付してしまったという。書類には、学校の生徒の氏名、口座名義、取引銀行名、支店名、口座番号、引き落とし金額など、個人情報が616件の個人情報が記録されていたという。

誤って送付した学校からの連絡により発覚し、同行へ返却された。同行では二次流出の可能性はないとしているが、該当する生徒や口座名義人に対して、経過を説明する文書を送付し、謝罪するという。

(Security NEXT - 2005/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い