Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

百十四銀、口座番号などが記載された書類を誤送付

百十四銀行は、香川県内の同行支店で個人情報が記録された書類を誤送付の事故が発生したと発表した。

同行によれば、同行の取引先の学校を誤り、異なる学校の書類を送付してしまったという。書類には、学校の生徒の氏名、口座名義、取引銀行名、支店名、口座番号、引き落とし金額など、個人情報が616件の個人情報が記録されていたという。

誤って送付した学校からの連絡により発覚し、同行へ返却された。同行では二次流出の可能性はないとしているが、該当する生徒や口座名義人に対して、経過を説明する文書を送付し、謝罪するという。

(Security NEXT - 2005/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」の脆弱性、関連機関がアップデートを強く推奨
オンラインショップ侵害され、詳細を調査 - 京都の料亭
顧客向けDMを一部紛失 - 京葉ガスサービスショップ運営会社
複数公民館でメール誤送信、宛先とBCCにメアド入力 - 神戸市
「Telerik Report Server」に深刻な脆弱性 - 最新版へ更新を
ランサム被害で取引先関連情報が流出した可能性 - シークス
「VMware ESXi」「vCenter Server」に脆弱性 - 修正パッチが公開
Oktaのウェブブラウザ向けプラグインにXSS脆弱性
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性6件を修正
米当局、「Twilio」や「IE」の脆弱性悪用に注意呼びかけ