Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オズモール閲覧者に新種ウイルス感染のおそれ

不正アクセスを受け、ホームページを改ざんされた女性向けサイト「オズモール」の閲覧者の一部に新種ウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同社によれば、5月25日に同社サイトへアクセスしたユーザーに新種ウイルス「PWS-Lineage.dll」がダウンロードされてしまう可能性があったという。同ウイルスはオンラインゲーム「リネージュ」の利用者に影響があり、オンラインゲーム利用時にアカウント情報などを詐取し、第三者へ送付する。

27日20時の時点ではマカフィーの「Managed VirusScan」のみ削除が可能。他社ウイルスソフトでは削除できないという。同社ではおもなセキュリティソフトの対応状況をウェブページにて公開している。

同社では、個人情報漏洩の可能性について調査も実施し、5月にそれらしい形跡はなかったことを確認したという。それ以前のログについても解析を進めているという。また、同社では安全性が確認されるまでサイトの運営を自粛するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性