Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オズモール閲覧者に新種ウイルス感染のおそれ

不正アクセスを受け、ホームページを改ざんされた女性向けサイト「オズモール」の閲覧者の一部に新種ウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同社によれば、5月25日に同社サイトへアクセスしたユーザーに新種ウイルス「PWS-Lineage.dll」がダウンロードされてしまう可能性があったという。同ウイルスはオンラインゲーム「リネージュ」の利用者に影響があり、オンラインゲーム利用時にアカウント情報などを詐取し、第三者へ送付する。

27日20時の時点ではマカフィーの「Managed VirusScan」のみ削除が可能。他社ウイルスソフトでは削除できないという。同社ではおもなセキュリティソフトの対応状況をウェブページにて公開している。

同社では、個人情報漏洩の可能性について調査も実施し、5月にそれらしい形跡はなかったことを確認したという。それ以前のログについても解析を進めているという。また、同社では安全性が確認されるまでサイトの運営を自粛するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中