Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメール、メールセキュリティ対策を一元管理するミドルウェア

センドメールは、メールポリシーの設定やウイルス対策など、メールシステムのセキュリティを一元管理する統合プラットフォーム「Sendmail Mailstream Manager」を発売する。出荷開始は6月10日の予定。

同製品は、ウイルス対策やスパム対策、情報漏洩防止やコンプライアンス遵守のためのメールポリシー設定、実施機能を統合し、一元的に管理可能な統合環境を提供するミドルウェアソリューション。既存のメールシステムやグループウェアとの連携も可能。

メールポリシー設定では、企業ごとのポリシーに基づき、送信先別やBCCの有無、本文や添付ファイルに含まれるキーワードなど、さまざまなメールの条件に応じて詳細に設定できる。また、環境の変化に合わせて設定の追加、変更も簡単に行える。価格はオープンプライスとなっている。

(Security NEXT - 2005/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み