Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広がる不正アクセスによる改ざん - 2サイトがあらたに被害

せんだいファミリーサポート・ネットワークが提供するホームページ「のびすく仙台」の一部が改ざんされ、5月2日から5月10日までの間に,「モバイル子育て便利帖」をPC上から閲覧した場合、ウイルスに感染する恐れがあったという。

同ページは携帯電話向けサイト。それらサイトへWindows PCからアクセスした場合、感染する恐れがあったという。現在、同サイトは閉鎖している。

また、PDA関連情報を提供するポータルサイトWindowsCE FANでも、5月13日夕方に同様の改ざんが確認されたという。現在、犯人の特定や再発防止策を進めているとしている。

感染可能性があるウイルスは、トロイの木馬「TROJ_DELF.RM(トレンドマイクロ)」。同ウイルスは破壊活動は行わないが、キー入力操作を収集し、収集した情報を不正のリモートユーザーへ送付したり、ウイルス対策のプロセスを強制終了するといった活動を行う。
キヤノンシステムソリューションズ「NOD 32」の無料体験版で駆除できるほか、トレンドマイクロでは無料駆除ツールを提供している。

(Security NEXT - 2005/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入