Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広がる不正アクセスによる改ざん - 2サイトがあらたに被害

せんだいファミリーサポート・ネットワークが提供するホームページ「のびすく仙台」の一部が改ざんされ、5月2日から5月10日までの間に,「モバイル子育て便利帖」をPC上から閲覧した場合、ウイルスに感染する恐れがあったという。

同ページは携帯電話向けサイト。それらサイトへWindows PCからアクセスした場合、感染する恐れがあったという。現在、同サイトは閉鎖している。

また、PDA関連情報を提供するポータルサイトWindowsCE FANでも、5月13日夕方に同様の改ざんが確認されたという。現在、犯人の特定や再発防止策を進めているとしている。

感染可能性があるウイルスは、トロイの木馬「TROJ_DELF.RM(トレンドマイクロ)」。同ウイルスは破壊活動は行わないが、キー入力操作を収集し、収集した情報を不正のリモートユーザーへ送付したり、ウイルス対策のプロセスを強制終了するといった活動を行う。
キヤノンシステムソリューションズ「NOD 32」の無料体験版で駆除できるほか、トレンドマイクロでは無料駆除ツールを提供している。

(Security NEXT - 2005/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性