Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーバンク銀行、利用プロバイダによる機能制限サービスを追加

イーバンク銀行は、利用者のインターネットプロバイダ以外からの取引を制限する「IP制限サービス」を5月15日より提供開始する。

法人口座へ提供していたIP制限サービスを個人に対して拡張したもの。自宅や会社など複数のインターネット環境を考慮し、最大5種類のプロバイダを登録することが可能。登録されていないプロバイダからログインすると、支払など資金移動をともなう取引等や暗証番号の入力を必要とする取引がすべて制限されるという。

(Security NEXT - 2005/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件