Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Explorerのウェブ表示に脆弱性 - MSが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、Windows Explorerのウェブ表示において脆弱性が見つかったとして、更新プログラムを公開した。深刻度は、4段階評価で2番目に高い「重要」となっている。

同脆弱性は、特別な細工をしたファイルが保存された共有フォルダをExplorerで表示すると、コンピュータ内のファイルが読み取られたり削除されるなどの、悪質なプログラムが実行されるというもの。

同社では、Windows Updateから更新プログラムを早急にインストールして対策するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市