Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業における個人情報対策は増加しつつも6割に達せず - 総務省調査

総務省は、2004年末時点における事業者や一般家庭の通信利用動向をまとめた「通信利用動向調査」を発表した。

同調査によれば、インターネット利用者数は昨年から218万人増加し、7948万人で国内人口の62.3%に上った。世帯におけるパソコンからのインターネットの接続方法として、ブロードバンド回線の接続増加が62.0%と目立ち、ダイヤルアップ接続は減少傾向にある。

50歳以上のシニア層においてインターネット利用率の伸びているが、年収や性別年の規模などにより利用格差が生まれていることもわかった。また、個人情報保護への関心も高まっており、2人に1人は何らかの個人情報保護対策を行っているという。対策内容は、「web上に個人情報を記載しない」が33.9%でトップだった。

企業における個人情報保護対策は、対前年比16.6ポイント増で56.5%。大きく増加しているが、未対策の事業者も依然多いことが明らかとなった。対策内容は、「社内教育の充実」が最も多く、30.9%。「個人情報保護管理責任者の設置」が23.4%と続いた。

(Security NEXT - 2005/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か