Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセンス、携帯用記録メディアのセキュリティを強化する製品を発売

ウェブセンス・ジャパンは、携帯用記録メディアから、悪質なコードが侵入するのを防止する製品「Websense Client Policy Manager」および「Websense Web Security Suite - Lockdown JapanEdition」の最新バージョンを発売した。

同製品は、メモリースティック、CD/DVDドライブ、コンパクト・フラッシュ・メモリーカードといった携帯用記録メディアからのウイルス感染を防ぐとともに、スパイウェア、キーロガー、P2Pファイル共有、ハッキングツールといった未知の有害なアプリケーションが実行されるのを防ぐもの。

また、携帯用記録メディアの管理機能も備えているため、企業情報の流出防止に効果があるという。従来製品のユーザーは、最新バージョンに無料でアップグレードできる。

(Security NEXT - 2005/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート