Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡ガス、個人情報を含んだ伝票33件を紛失

静岡ガスは、顧客情報が記載された伝票33件を紛失したと発表した。

同社が4月26日に伝票の照合作業を行っていたところ、業務委託先である協和日成が実施した作業に関する伝票の一部が紛失していることが明らかになった。4月3日から4月19日の間に作成された伝票で、氏名、住所、電話番号、ガスメーター情報、ガス機器情報など個人情報が記載されていたという。

同社では、警察に紛失届を提出し、調査を継続している。また、5月2日までにすべての顧客に対して事情説明を行い、謝罪した。同社では、再発の防止を推進するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security