Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡ガス、個人情報を含んだ伝票33件を紛失

静岡ガスは、顧客情報が記載された伝票33件を紛失したと発表した。

同社が4月26日に伝票の照合作業を行っていたところ、業務委託先である協和日成が実施した作業に関する伝票の一部が紛失していることが明らかになった。4月3日から4月19日の間に作成された伝票で、氏名、住所、電話番号、ガスメーター情報、ガス機器情報など個人情報が記載されていたという。

同社では、警察に紛失届を提出し、調査を継続している。また、5月2日までにすべての顧客に対して事情説明を行い、謝罪した。同社では、再発の防止を推進するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー