Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシス・ビジネス、個人情報保護法などに対応した文書管理システムを販売

日本ユニシス・ビジネスは、個人情報保護法とe-文書法に対応した文書管理システム「e文書Station」の販売を開始した。

同サービスは、個人情報保護法で必要となる文書セキュリティと、e-文書法の必須要件である電子署名やタイムスタンプを実装した文書管理システムを提供するもの。OSKのソフトウェア「Visual Finder」と「Advance-Flow」を活用して、文書管理業務と申請、承認業務を効率化する。

最適な文書活用システムを提案する業務コンサルテーションから、原稿の作成、編集、セキュリティ対策、文書の一元管理、出力まで、6つのプロセスに分けて提供する。価格は全プロセスのセット料金で650万円からとなっているが、単一プロセスのみの利用も可能。その場合、価格は個別見積もりとなる。

(Security NEXT - 2005/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
SonicWall製アプライアンスに脆弱性 - 2020年の修正不備で
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙