Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジベリー、中小企業向けサーバ監視ソフトを発売

デジベリーは、サーバやルータなど、ネットワーク機器の稼働状態やパフォーマンスを一元監視する中小企業向けサーバ監視ソフト「Alchemy Eye」を発売した。

同ソフトは、ネットワーク機器の稼働状態を監視し、停止時や復旧時に管理者や監視コンソールへの通知を自動的に行なうことにより、障害時の事態悪化を予防するもの。

運用中のサーバに手を加えることなく監視体制を構築できるほか、ネットワークマップにより監視対象を可視化し、管理サーバから常にネットワークの状態をグラフィカルに監視できる。

価格は、ライセンスの使用期間やサーバ数、ユーザー数に制限のない無制限ライセンスで7万4000円。さらに無償バージョンアップ保証も付加されている。

(Security NEXT - 2005/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック