Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコムのセキュリティASPサービスがスパイウェアに対応

インターコムは、月額課金制のセキュリティASPサービス「SHILDIAN NETservice」に、韓アンラボのスパイウェア対策サービス「SpyZero」を追加し、4月1日より提供を開始する。

同サービスは、韓国において「韓国MSN」「DreamWiz」「cyworld」など、大手コミュニティポータルをはじめとする20サイトで利用されているスパイウェア駆除サービス。ヒューリスティック技術による検査にも対応しており、パターンファイルで対応できない未知の亜種スパイウェアについても検出することが可能。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ