Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話による本人認証を実現 - 兼松コミュニケーションズ

兼松コミュニケーションズとシステムニーズは、NTTドコモの携帯電話を本人認証装置として利用できるセキュリティ製品「WinSafe VETM v. 4.0 for FeliCa搭載携帯電話」および「WinSafe VETM v. 4.0 for FOMA」を、3月25日より発売する。

同製品は、FeliCaが搭載されたおサイフケータイや、FirstPass対応FOMA携帯電話を、付属のFeliCa用リーダ、ライタ「パソリ」やUSBケーブルによりパソコンに接続することで、アクセスの制御やデータファイルの暗号化を行うもの。

本人認証による自動ログオン、スクリーンセーバロック、データの暗号復号、使用者の制限などが可能。本人認証装置としては、USBフラッシュメモリや電子マネー「Edy」、セコムが入退室ドア用に使用するICハイブリッドカードなどに対応している。

価格は、「WinSafe VETM v. 4.0 for FeliCa搭載携帯電話」に「パソリ」を付属したものが1万7850円。「WinSafe VETM v. 4.0 for FOMA」に充電機能付USBケーブルを付属したものが1万7325円となっている。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出