Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新日鉄ソリューションズ、社内ドキュメントをワンストップで管理する新サービス

新日鉄ソリューションズは、顧客情報などをワンストップで管理する新サービス「nsxpres for Salesforce.com」を3月より提供開始する。

同サービスでは、自社が提供するドキュメント管理ASPサービスnsxpres.comと、セールスフォース・ドットコムが提供するCRMのASPサービスSalesforce.comを連携させたもの。営業のプロセス管理と、営業プロセスで発生するドキュメントの管理をワンストップで提供する。「個人情報保護法」や「e-文書法」にも対応した。

同社では、これまでのASPサービスの枠を超え、顧客の業務プロセスに踏み込む「プロセスサービスプロバイダ(PSP)」と位置づけ、顧客情報の検索や有効活用というアプリケーション利用だけではなく、文書の電子化や電子署名、タイムスタンプ付与、機密性の高い保管、廃棄まで一貫したサービスを提供するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性