Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京ガス、個人情報が記録されたパソコンが盗難被害

東京ガスは、同社千住ビルにおいて業務用パソコンが盗難され、個人情報を紛失したと発表した。

同社によれば、盗まれた6台のうち3台に顧客、社員、協力企業の社員情報など、のべ179件の個人情報が含まれていたという。同社では、南千住警察署に盗難の被害届けを提出。起動およびファイルの呼び出しにはいずれもパスワードが必要であり、内部情報が閲覧される可能性は低いとしている。

同社は、同ビルにおいて2月15日に業務用パソコンのリプレース作業を実施し、交換対象となった52台の古いパソコンを一時的に同ビルの2階会議室に保管していたが、管理台帳の照合を行なったところ、6台が紛失していることに気が付いたという。会議室の出入口は施錠管理されていなかった。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性