Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、暗号化機能を搭載したCD-Rを発売

リコーは、暗号化および復号化ソフトを搭載したハイブリッドCD-R「CryptDisc」を3月14日より発売する。初回導入時に利用する「CryptDisc鍵発行ソフトウェア」が3150円。通常のデータのやり取りに利用「CryptDisc」は、50枚パックが10万3950円、500枚パックが88万2000円。

同製品は、記録可能なCD-RとCD-ROMを組み合わせたハイブリッドCD-R。CD-ROM部分に暗号化ソフトと復号化ソフトを搭載した。搭載したC4CS暗号モジュールは、セキュリティ要件の規格であるFIPS(連邦情報処理規格)140-2の認定を受けている。同社によれば、ソフトウェア製品として日本で初めてだという。

暗号化を行う鍵そのものをさらに暗号化するという暗号の二重化や、復号化するための鍵とディスクを別々に管理することにより、紛失といった場合にも情報漏洩を防げる。また、独自のコピーガード機能により、複製による不正なデータ配布や改ざんを防止できる。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に