Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、中小企業の情報資産保護を実現するサーバパッケージを発売

マイクロソフトは、中堅企業の情報資産を保護するサーバー製品群を「スマート情報保護パック プレミアム エディション」として3月1日より期間限定で発売する。

同製品は、個人情報をはじめとする企業の試算情報を守る製品を同梱した中小企業向けキャンペーンパッケージ。キャンペーン提供期間は、2005年3月1日から8月31日まで。

基盤となるサーバー「Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition」、電子メールサーバ「Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition」、文書保護を実現する「Microsoft Windows Rights Management Services」で構成されている。

製品の提供にあたり、30社のパートナーが賛同。同社では、ソフトウェアベンダーをはじめ、セキュリティサービスベンダー、SIベンダーなど、IT業界をあげて推進したいとしている。

(Security NEXT - 2005/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を