Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、ドイツ語と英語のメールで感染を広げる「W32/Sober.k@MM」を警告

マカフィーは、あらたに発生したウイルス「W32/Sober.k@MM」の感染拡大に伴い、注意を呼びかけている。

同ウイルスは、添付されたzipファイルをダブルクリックすることで感染し、独自のSMTPエンジンにより感染マシンからメールアドレスを抽出して大量メールを送信する。同社によれば、ドイツから最初の感染報告があった。

メールの差出人は「なりすまし」で、件名および本文にはドイツ語と英語の2バージョンがある。また、メールは重要度「高」に設定されているという。同社では危険度を「中」として、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出