Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知トヨタ自動車、携帯端末紛失により448件の顧客情報流出の可能性

愛知トヨタ自動車は、同社の営業スタッフが、448件の顧客情報が保存された業務用携帯端末1台を紛失したと発表した。

紛失した携帯端末には、顧客の住所、氏名、電話番号、保有車両、保険加入状況などを含む個人情報448件が記録されていた。同端末を起動させるにはパスワードの入力が必要で、パスワードを数回間違えると、記録しているデータを自動消去する仕組みになっている。現時点で、情報が不正に利用されたという報告はない。

同社では、携帯端末やリストの管理を強化するとともに、拠点長会議において全役職者に対し、改めて個人情報の扱いについて徹底を指示したとしている。

(Security NEXT - 2005/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性