Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知トヨタ自動車、携帯端末紛失により448件の顧客情報流出の可能性

愛知トヨタ自動車は、同社の営業スタッフが、448件の顧客情報が保存された業務用携帯端末1台を紛失したと発表した。

紛失した携帯端末には、顧客の住所、氏名、電話番号、保有車両、保険加入状況などを含む個人情報448件が記録されていた。同端末を起動させるにはパスワードの入力が必要で、パスワードを数回間違えると、記録しているデータを自動消去する仕組みになっている。現時点で、情報が不正に利用されたという報告はない。

同社では、携帯端末やリストの管理を強化するとともに、拠点長会議において全役職者に対し、改めて個人情報の扱いについて徹底を指示したとしている。

(Security NEXT - 2005/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

交付金申請様式に個人情報、19施設に誤送付 - 北谷町
3月のMS月例パッチ、産業制御システムへの影響に注意を
MLOpsプラットフォーム「MLflow」に深刻な脆弱性
マンション関係者向け会員サービスでアクセス設定不備 - 住友不動産
顧客情報含む伝票1箱を紛失、誤廃棄の可能性 - 佐賀銀
厚労省かたり「財産の差押え」などと脅すSMSに警戒を
コスメ通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
保安手続の電子申請システムで事業者情報を誤表示 - 改修不備で
「Spring Framework」に複数の脆弱性 - 重要度「Critical」も
入札情報公開時に誤って個人情報を公開 - 新潟県