Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、2004年第3四半期のインターネット治安情勢を公表

警察庁は、2004年10月から12月までのインターネット治安情勢を公表した。

同庁のファイアウォールに対する外部ネットワークからのアクセス件数は約228万9000件で、前期から約12万8000件減少したが、侵入検知装置におけるアラートは約8万6000件で約1万3000件増加した。

IDSのアラート増加原因は、中国からのSQL Slammerワームによるもので、2004年11月28日から同12月15日にかけて一時的に急増したという。また、80番ポートへのSYN flood攻撃の割合が約75%と高かった。SSHにより不正侵入を試みた形跡についても32件記録されたという。

また、同庁は昨今増加している「botnet」に対する注意を促している。「botnet」とは、攻撃者のプログラム「bot」に感染したコンピュータ群。DoS攻撃やスパム送信など、botを踏み台にあらゆる攻撃が行われる。

同庁では、3万台以上のbotを持つbotnetを確認したという。英国においては、攻撃することを予告し、金銭を要求するサイバー恐喝事件が発生しており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム