Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、会員を狙ったワンクリック詐欺に注意喚起

ニフティでは、同社会員宛に不審なメールが届き、クリックするとアダルトサイトへ接続、料金が請求される詐欺が発生しているとして、注意を呼びかけている。

アットニフティでは、同社会員宛に不審なメールが届き、クリックするとアダルトサイトへ接続、料金が請求されるワンクリック詐欺が発生しているとして、注意を呼びかけている。

送付元は同社ドメインを偽装しており、同社から届いたようなイメージを与えるものだという。また、送信元が受信者本人のアドレスとなっている場合もある。メールをクリックするとアダルトサイトへ誘導され、接続しただけにもかかわらず利用料が不当に請求されたり、アドレスが詐取される恐れがある。

ニフティでは、アルファベットや数字で構成されているアドレスを提供しており、今回の事件は、送信元が適当な文字を組み合わせ、機械的に送付しているものではないか、としている。

ニフティでは、不審なメールが届いてもURLをクリックせず、料金を請求するメールが届いた場合も支払わず、消費生活センターへ相談するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし