Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツとインターチャネルが協業、「ウイルスブロック」にフィルタ機能を追加した新商品

デジタルアーツとインターチャネルは協業し、インターチャネルのセキュリティソフト「V3 ウイルスブロック 2005」に、カスタマイズしたデジタルアーツの「i-フィルターfor VB」を収録、2月25日より「V3 ウイルスブロック 2005 ファミリーセキュリティ」として発売する。

「i-フィルター」はフィルタリング機能を提供するもので、保護者は子どもに見せたくないインターネットのページを遮断できる。「V3 ウイルスブロック 2005」は、ウイルス駆除、スパイウェア駆除、不正侵入防止、迷惑メール対策、個人情報流出防止機能を装備している。今回、フィルタリング機能を加えることにより、家庭向け統合セキュリティソフトを追求したという。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Skyが脆弱性報奨金制度 - CVSS基本値から金額算出、RCEで最大150万円を加算
個人情報などウェブ入力内容を委託先に外部送信 - 新生銀
2021年上半期の開示要請は2037件、70%に対応 - LINE
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
誤送信で研修参加者のメールアドレスが流出 - 岐阜県
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
プログラミング教室申込者の個人情報が流出 - 大東市
Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン